【Windows】MBRからGPTへのフォーマット変更

SSDをPC間で移植するに当たって、BIOSがレガシー設定のものからBIOSがEFIのPCに移植する必要があったので、その対応方法を記しておきます。

マザーボード自体はEFI対応なのに、windows ではEFI対応の設定になっていない、というのが今回の件の原因です。

ネット上に比較的情報が上がっていますが、ここでは以下サイトを参考にさせていただきつつ、つまずきポイントについてもメモしていきます。

https://shop.applied-net.co.jp/blog/cate_news/23507

作業環境

移動元PC

・OS: Windows10

・マザーボード: MSI H270 PC Mate

・SSD: Trancend 256GB

8年前に作った自作PCです。

移動先PC

・マザーボード: ASRock A520 ITX/ac

・SSD: KIOXIA M.2. Gen3 512GB

今年作った自作PCです。

MBRからGPTへのパーテーション形式変更手順

①BIOSモードがレガシなのを確認

Windows のシステム情報というアプリを使います。

windowsの検索機能でシステム情報と入力して開いた画面から、BIOSモードがレガシなのを確認します。

予想通り、レガシになっていました。

レガシということは、パーテーションがMBR形式になっているということです。

システム情報の画面。真ん中のBIOSモードの部分が「レガシ」になっていることがわかる。

②MBR2GPTができるかの確認をする

パーテーションの形式変更をする前に、変更ができるかの確認作業をします。

まず、管理者権限でpowershellに入り、以下のコマンドを打ちます。

mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFullOS

Validation completed successfullyと出たので、GPTへの変換対応しているということです。

というわけで、以下のコマンドでMBRからGPTに変換します。

mbr2gpt /covert /disk:0 /allowFullOS

無事に実行開始しました。

おおむね成功したようですが、WinRE(回復領域関係)でエラーが出たようです。

おまけ: WinREの確認

以下のサイトを参考にWinRE関係のエラーを治していきます。

Windows10で、mbr2gptコマンドでMBR→GPTディスク変換を実践してわかった、おもなエラーの対策法まとめ。 |  これメモしとこ  (emanabu.net)

引き続きpowershellで、以下のコマンドから、window reの情報を確認してみます。

reagentc /info

Windows reはdisableになっていました。

だめ元で、以下のコマンドで無効化と有効化をしてみます。

reagentc /disable

reagentc /enable

うまくいかないようです。

ネットで解決策を色々調べてみましたが、よくわからないのでとりあえず一旦再起動。

引き続きreagentc /infoで情報を確認してみます。(今回はpowershellではなく、コマンドプロンプトで実行しました、どちらでも変わらないと思いますが)

すると、enable(有効)になっていました。

ということで、原因はよくわかりませんでしたが、とりあえず問題は解決。

まとめ

以上、「MBRからGPTへのフォーマット変更」でした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

【参考】

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000024558/memory-and-storage/intel-optane-memory.html

https://partition.aomei.jp/gpt-mbr/how-to-check-if-uefi-or-bios.html