内向型人間が予定を詰め込みすぎないようにするためのアイデア

どうすれば予定を詰め込みすぎないようにできるか

「外向型人間の感じる予定×三倍くらいの量を内向型の人は予定として感じているのだ」

と考えること。

予定を詰め込まない(拒否する)のは至難の業

自分は内向型人間だから、予定を詰め込みすぎないようにしよう、と考えていてもそれはなかなか難しい。

例えば、一週間に入れるイベントは三つまでにしよう、と決めるとする。

しかし、誰かに何かイベントに誘われたとき、

「今週はもう予定数上限だから断ろう」

と思っていても断る言葉が難しいし、また自分としてもなにか惜しいことをしたような気分になる。(見た目上スケジュール表はけっこう空いていることになるのだから)

また誘う側からすれば、もし自分に予定がないのであれば、

その誘う人が外向型であっても、(またたとえ理解ある内向型だったとしてもその多くは)

「予定ないなら来たらよくない?どういうこと?」と不信感を抱かれかねない。

ここで考えるべきこと

しかし、キャパオーバーの状態でイベントに参加するのは自分にとっても相手にとってもよろしくない。

双方が納得する形で断る必要がある。

そこで考えるべきが、

「外向型人間の感じる予定×三倍くらいの量を内向型の人は予定として感じているのだ」

ということ。

自分の観察によると、内向型の人間は、ある一つの予定に対して前もって心の準備が必要だし、予定が終わった後も気持ちを整理する時間が絶対に必要になってくる。

おそらく、一つの予定に対して費やす時間的・心的リソースが外向型人間の数倍はかかっている。(もちろん、このリソースの消費はスケジュール表には書けないし、予定を断る文句にもならない)

見た目上は予定が少ししかなくても、内向型人間は”実際には”大量の予定を抱えることになる。

このことをあらかじめ頭においておけば、自信を持って予定を承諾したり、断ったりできると思うのである。

余談:内向型人間のフットワーク

内向型人間は外向型人間と比べて残念ながらフットワークが重い。

これは本人が悪いのではない、と思う。

フットワークが重いのがずっと嫌で、「なるべく色々なものに手を出そう」と涙ぐましいほどの努力を今まで続けてきた。

しかし、どう頑張っても本物の外向型人間にはついていけないということが骨の髄まで分かってきた。

無理をするとすぐに体に不調が出てしまう。

肉体的なスタミナは平均以上程度あるし、運動して鍛えて続けているが、心のスタミナは消耗しやすいし、今まで頑張ってきてもあまり鍛えられた感じがしない。

このように経験的にもいやというほど知らされてきた。

また、数年前に読んだこの本で理論的にも確信に変わった

(内向型を強みにする、マーティー・O・レイニー著)

https://www.amazon.co.jp/%E5%86%85%E5%90%91%E5%9E%8B%E3%82%92%E5%BC%B7%E3%81%BF%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB-%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC/dp/4775941151/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

内向型人間は刺激に過敏ですぐ思考がいっぱいになってしまうのである。。。

(気になった方は上記の本おすすめです。というか最近(数年前から?)内向型の話が流行っているみたいなのでググったら関連情報がいくらでも出てきますが…笑)

終わりに

以上、「内向型人間が予定を詰め込みすぎないようにするためのアイデア」でした。

少しでも皆様の助けになったなら幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする