Windows terminal でのWSL2まわりの整備備忘録 【2021.5.1】

どうも。ハットリです。

去年の10月にWindows10のWSLをWSL2にアップデートしました。

気が付いたらwsl2というものがリリースされていた。 docs.microsoft.com     GPU、CUDA、dockerがサポー...
  前回インストールしたのに引き続き、WSLの環境を整えていく。 onenne.hatenablog.jp   フォントをかっこよくする(...

その後、Windows terminalのリリースを知り(見た目かっこいい)、windows terminalからwslコマンドを打ってwslを起動する生活を続けていました。

しかしながら毎回wslコマンド打つのだるかったり、初期ディレクトリが変だから毎回cdコマンド打たなかんくなってました。

今回時間がちょっとできたので調べたところ、改善策がありました。

下のウェブサイトを参考に、デフォルトアプリをWSLにしたり、初期ディレクトリを変更したり、カラースキームを変更したり。

dev.classmethod.jp

ざっくり備忘録ですが、今日はこの辺で。

以上、「Windows terminal でのWSL2まわりの整備備忘録」でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする