試験勉強するのが馬鹿馬鹿しく感じる理由

どうも。ハットリです。

今回は試験勉強するのが馬鹿馬鹿しく感じる理由についてです。

結論から言うと、あなたは将来の目標を見失っているか、そもそも目標がないかのどちらかのせいです。

1. あなたの試験勉強の目的は?

受験勉強や院試勉強、テスト勉強といった勉強は試験に通るための単なる手段です。

試験勉強することが人生の目的だ、という人はいないはずです。

では、なぜあなたは試験勉強をするのでしょうか??

それは試験に通って卒業するため、志望校に合格するため、そんなところでしょう。

ではもう一つさらに質問です。

なぜあなたは卒業したいのですか?

なぜあなたは志望校に合格したいのですか?

卒業したい理由・志望校に合格したい理由は、色々あると思いますが突き詰めていくと、将来やりたいことをするため(夢を叶えるため)、将来やりたい仕事に就くためになるでしょう。

つまり、なぜあなたが今、試験勉強というveryしんでぃことをしているかというと究極的には将来やりたいことをするため、ということになるでしょう。

2. 試験勉強は将来やりたいことをするための手段

将来やりたいことが決まっている人にとって試験勉強は馬鹿馬鹿しくない

将来やりたいことが決まっている素晴らしい人にとっては(本当に素晴らしいと思います)、その目標のために勉強しているということを忘れなければ試験勉強で辛いことがあっても諦めずに頑張れると思います。

例えるなら、好きな人に手作りチョコをプレゼントするために頑張って料理するのと一緒です。

目的が決まっていれば別にチョコを溶かしたり、慎重に整形したりするのは苦ではないどころか楽しいものでもあるでしょう。

注意点としては勉強に打ち込んでいると真の目標を忘れることがあるので時々思い出すようにしないといけないことくらいですね。

しかし、そうではない人が今回の想定読者なわけです。

それではお待たせしました。

将来やりたいことがわからない人は勉強を馬鹿馬鹿しく感じてしまう

目的が定まっていないにもかかわらず、卒業や大学受験等を希望する場合、なんとなくの気持ちで試験勉強をすることになるでしょう。

これほど辛いことはない。

手作りチョコで例えるなら、怖いヤンキーに脅されてチョコを嫌々、強制的に意味もなく作らされるのと同じです。

馬鹿馬鹿しいですね。

考えただけでも嫌になってきますよ。

これこそが、試験勉強が馬鹿馬鹿しく感じる理由です。

では、どうしたらよいのか?

ここまでの文脈を読んできたら分かる通り、将来の目標・夢を持てば良いでしょうね。

では、どうしたら将来の夢って見つかるんでしょうか?

しかしこれさ、学校ではあまり教えてくれません。

あ〜気になるなあ。

次回、このことを記事にしますので忍耐強い読者の皆さん是非お待ちください。

今回のまとめ


  • 勉強が馬鹿馬鹿しく感じるのは目標がないから
  • それを克服する方法は目標を見つけ出すこと
  • 目標があれば勉強は頑張れる

以上、「勉強が馬鹿馬鹿しく感じる理由」でした。最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓拡散・いいねしてしていただけるとハットリのやる気がモリモリ湧いてきます。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ハットリブンコをフォローする↓