nvidia-driverインストールに関する落とし穴( UFEIでwindows10とデュアルブートしてる人特有? )

環境

  • OS: Ubuntu16.04 (windows10とdual boot)
  • CPU: Intel core i7 9700
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 1650
  • Memory: 16GB
  • MotherBoard: MSI Z390

ディスプレイの解像度を変更するのとcuda入れるためにnvidia-driver入れようとしたらはまったのでメモ。

nvidia-driverのインストール

sudo apt purge nvidia*
sudo apt autoremove
sudo apt install nvidia-driver 

Secure Bootが有効 になっていたため、nvidia-driverのinstall途中で「SecureBootが有効になっているから無効にするね、パスワード入れて」みたいな青い画面に切り替ります。

パスワードを入れると続行しインストールが完了するので再起動します。

起動して、

$nvidia-smi
NVIDIA-SMI has failed because it couldn't communicate with the NVIDIA driver. Make sure that the latest NVIDIA driver is installed and running."

Oh, no.

解決法

linuxの標準ドライバのnouveauとの競合など四時間ほど解決策を調べましたが、結局 Secure Bootが無効になっていなかったことが原因でした。

BIOSで Secure Bootをdisableにすればnvidia-driverが認識されます。

BIOSで Secure Bootを disableにするやり方はマザーボードのメーカーでかなり異なるみたいなので適当にググってください。

MSI Z390の場合

UFEIに入り、Security->windows 10 的なやつ に進みます。

そこになんとSecureBootの設定項目があるので(!)、disableに変更します。

反省点と感想

  • 環境構築は沼
  • 環境構築時は焦らずひとつづつ確認しよう
  • 30分考えてわからなかったら人に聞くのが堅実だけど、数時間溶かしてググって自分で解決しようとすると腹に染みた知識が身についていく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする