野球に対して私が抱いている一つの大きな疑問

どうも、ハットリです。

今日、研究室対抗の野球をやる機会がありました。

野球自体は素人の僕でも楽しめたのですが、昔から野球について思っていたことをプレイする中で思い出たので書いていきます。

※以下、野球初心者なのでルールを誤解しているところがあったらすいません。

野球って暇な時間多すぎない?

バスケなりサッカーなりバレーなりテニスなり陸上なり、野球以外の他のスポーツでは選手としてゲームしている間は動き回り続けます。

勿論、プレッシャーも常にかかっています。出場している間は休む時間などなく、集中し続ける必要があります。

しかし、野球の場合、打順が回ってくるまでは待っていなければいけません。その間は直接的にゲームに干渉することはできないでしょう。

もどかしくてたまりません。この場合、ベンチに座ってお喋りしていればいいのでまだマシですが。

それ以上に守備している間は暇です。

確かに、ボールが飛んでくる可能性は常にあることはあります。ただ、自分の元に飛んでくる可能性が低すぎます。

そして他の選手とも離れてしまうためお喋りも出来ません。

何もすることはないのに、大人しく立っていなければなりません。

野球=劇場型スポーツ?

なぜ野球は暇な時間があるのか、と考えた時に一つの理由が思い浮かびました。

それは何かというと、野球はプレイヤーよりも観客の存在を重視していて、「見せる」スポーツ、すなわちエンターテイメントだという考えです。

日本のプロ野球の観戦の熱狂ぶりを見ればこれは間違いではないでしょう。

プレイよりも観戦の方が好きな人は多いでしょう。それだけ野球は「劇場」としての魅力があるのだと考えられます。

野球には他のスポーツにはない、エンターテイメントとして必要な分かりやすいシステムがあります。

ゲームでは1人のピッチャーと1人のバッターに人々の関心は集中します。

ゲーム進行は一投ごとに進み、試合状況はアウトの数、ストライクの数など数字だけで伝えることができるほど単純で、明確です。

選手の成績すら、数字で多くが説明出来るでしょう。

このように1人ずつ打つというシステムの弊害として、守備をする人やベンチで待っている人が発生しているのでしょう。

これは一番の関心事を際立たせるためであり、やむを得ないのかもしれません。

解決したいこと

野球はエンターテイメントを重視しているという、他にはない特徴があることをここまで見てきました。

特異で面白いスポーツであることは僕にも分かります。

ただやはり野球をする上での懸念があります。

暇なんですけどどうすればいいですか?

僕は動き回るスポーツが好きです。暇な時間があるのは正直しんどいです。

野球に詳しい方、何かいい対処法あったら教えて下さい。何か建設的なことは出来ないでしょうか?

ピッチャーになればいいんですかね??

以上、「野球に対して僕が抱いている一つの大きな疑問」でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓拡散・いいねしてしていただけるとハットリのやる気がモリモリ湧いてきます。↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ハットリブンコをフォローする↓